キネ通信

韓国の釜山で生まれたキネちゃんが世界を旅します。

キネ通信④

「ちょっと感動②」〜セールカルマンの噴水の巻〜

 キネちゃんは、ハンガリーブダペスト市内の中でも、トラムや市バスの終点になっている、「セールカルマン」に行きました。

 その時、道端から噴き出している噴水が気になりました。(後ろの方に少し噴き出しているのが見えます。)

f:id:kinetsushin:20170508041447j:plain

 その噴水は生き物のようにゆらゆらと噴き出していたり、ばっ、といきなり噴き出したりしていました。その噴水の周りには、子供達が元気よく走ったり、水をくんでいる人の姿も見られました。

 道端に噴水が噴き出している、というのは日本では珍しいのではないのでしょうか。

 キネちゃんは、最初、(水がもったいないな)と、思いました。でもよく考えてみると、水は穴に吸い込まれていって、じゅんかんしてくれるので、そんなにもったいなくないな、と、思いました。今は5月なので、噴水に入って遊ぶ、という人は見掛けませんが、その内(夏になると)、水着を着て、噴水に入って遊ぶ子供達の姿が思い浮かびます。

 明るい時に見る噴水の姿は、活気的で良いのですが、夜に見る噴水の姿は幻想的でとても神秘的です。

f:id:kinetsushin:20170521020750j:plain

 噴水が噴き出す穴から、光が出て、とても感動的です。もし、ハンガリーに行く機会があれば、夜にその噴水を見るのも、良いのではないでしょうか。

 そして、キネちゃんが何よりも凄いと思ったのは、噴水が噴き出す前の霧です。

 噴水はいつでも噴き出しているのですが、その前の霧はなかなか見られません。

 キネちゃんは、引っ越した時から、霧を全部で2回見ました。でも、たったそれだけしか見ていません。なので、霧を見られた時は、とてもラッキーだという事です。キネちゃんは、その噴水を眺めてから、家に帰りました。

広告を非表示にする