キネ通信

韓国の釜山で生まれたキネちゃんが世界を旅します。

キネ通信⑯

 〜ウィーンの巻②〜

 

 キネちゃんは大きなシェーンブルン宮殿を見た後、有名なウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地である、「ムジークフェラインザール(楽友協会)」に行きました。

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団がお正月の時にニューイヤーコンサートを開きます。その時に、ムジークフェラインザールを使用します。

 普通の日本のホールは天井がとても高く、丸い形になっています。しかし、ムジークフェラインザールのホールは天井はそれなりに高いのですが、丸くなく、平らになっています。

f:id:kinetsushin:20170814005238j:plain

 あまり響かないのかな、と思ったら、全く的外れでした。響きは日本のホールよりも良く、柔らかく響いているのでキネちゃんは驚きました。

 その時に聴いた楽団は、ウィーン・モーツァルト・オーケストラでした。色々な楽団の中から選ばれた人達が集まって作られたのがこの楽団です。とても上手で、とても面白かったです。その楽団員達は、全員18世紀頃の服を着ていて、かつらもかぶっていました。

 キネちゃんは、演奏をたっぷり楽しんだ後、ホテルに戻りました。

<特別!ミニ話>

㋖ああ、今日はとても充実していたし、ウィーンの空気に触れられて良かったなあ。

㋢(テディベアのティディーちゃん)だよね、だよね〜。

㋖さて、明日はどこに行こうかな??

㋢えーっと・・・ベルヴェデーレ宮殿はどう?なんか偉い人の離宮みたいだけど。

㋖いいね!聞いたこともない宮殿だけど・・・面白そう!

㋢じゃあ、明日はベルヴェデーレ宮殿に決まり!

㋖時間が空いていたら、他の所も行くけどね。

㋢ねえ、明日って暑いみたいだよ。

㋖しっかりと対策を取らないと・・・

㋢まあ、思いっきり楽しもう!

皆さんも、キネちゃん達のように、しっかり対策などを取り、楽しい旅行にして下さい。

f:id:kinetsushin:20170814010308j:plain

 ↑楽しく会話するキネちゃん(左)と、ティディーちゃん(右)!

 

広告を非表示にする

キネ通信⑮

 ~ウィーンの巻①~

 

 キネちゃんは、憧れのウィーンに行きました。ブダペストからは国際列車で行けるので、キネちゃんは国際列車に乗ってウィーンへ行きました。国際列車はあらかじめ予約しないといけないので、もちろんキネちゃんは予約をしていました。

(キネちゃん、移動中・・・)

 窓からはとても広い畑や大きな大きな風車などが見られました。ハンガリーとウィーンとの国境に近づくと、風車が多くなりました。

(キネちゃん、ウィーンに到着!)

 キネちゃんが降りた場所は、とても大きい駅である、ウィーン中央駅です。ガラス張りのウィーン中央駅には、フードコートもありました。

 キネちゃんは、ホテルに荷物を置いてから、ある宮殿に出掛けました。

 その宮殿の名前は、「シェーンブルン宮殿」。とても有名なハプスブルク家の夏の離宮です。

 (キネちゃん、宮殿へ移動中・・・)

 キネちゃんは、シェーンブルン宮殿に着きました。宮殿はとても大きく、シンプルな色でした。

Q1.シェーンブルン宮殿の色を答えて下さい。

  1.金色  2.白色  3.からし色

 キネちゃんはたくさんの部屋や大きな庭園を見ました。モーツァルトが幼い頃、マリア・テレジアの前で演奏した部屋も残っており、中国風の部屋や、大ギャラリー(大広間)などがありました。また、オーストリア=ハンガリー帝国時代の皇帝、フランツ・ヨーゼフ1世の部屋や、皇后、エリザベート(愛称・シシー)などの部屋も見られます。キネちゃんはイヤホンガイドを使って部屋を見ました。

 庭園ではある物も設置されていました。

Q2.その「ある物」とは何でしょう。

  1.迷路  2.水族館  3.美術館

 たくさんの自然とたくさんの美しい部屋に感動して次の場所に移動しました。

↓下に答えが載っています。Q1とQ2を解いたら答えを確かめてみましょう。

↓(下へ)

↓(下へ)

↓(下へ)

<答え>

Q1.3          Q2.1

#次はどのような所へ行くのでしょうか。お楽しみに!

<おまけ写真>

f:id:kinetsushin:20170814003713j:plain

↑噴水と一緒のシェーンブルン宮殿

f:id:kinetsushin:20170814003919j:plain

ハプスブルク家ご自慢のシェーンブルン宮殿

f:id:kinetsushin:20170814004107j:plain

↑彩られた芝生と一緒のシェーンブルン宮殿

f:id:kinetsushin:20170814004253j:plain

ハプスブルク家の地位や財産が一目で分かる、シェーンブルン宮殿

 

 シェーンブルン宮殿はどこから見ても美しいということが分かります。

広告を非表示にする

キネちゃん ウィーンへ行く

 さて、皆様はウィーンのことはよく知っていると思うのですが・・・そこへ行きます!

 もちろん、キネちゃんはヨーロッパではハンガリーにしか行ったことがないので、ワクワクしています!!

 と、いうことで、ウィーン編もお楽しみ下さい。

キネ通信⑭

~ゲッレールトの丘の巻②~

 

 キネちゃんは、ゲッレールトの丘を登りきり、しゅろの葉を高く掲げた女性像や、竜を今にも叩きそうな姿勢でいる、男性像を見ました。

 その後、キネちゃんはゲッレールトの丘から見える、素晴らしい景色に目を移しました。キネちゃんは、ものすごく感動しました。そこからは、ブダペストの観光名所(多分、ブダペストに住んでいる人は皆知っています)が、見えました。その観光名所とは・・・

f:id:kinetsushin:20170730014328j:plain

 ブダ王宮(左の端に写っている、緑のドームの建物)、国会議事堂(右の奥にかすかに写っている、茶色のドームの建物)、そして、ブダペストの名物である、鎖橋(セーチェニ公の鎖橋)(ドナウ川に架かっています)。

 キネちゃんはその絶景に惹きつけられました。まさか、ブダ王宮の向こうの方にある、小高い丘からの眺めがこんなにも素晴らしいとは誰も思っていませんからね。

 キネちゃんは、丘の上を散歩しました。売店がぽつぽつとあるだけです。キネちゃんはほんの少しがっかりしました。

 しかし、ガイドブックをよく見てみると、ろう人形の博物館などがあるようです。キネちゃんは見たいなー、と思ったのですが、閉まっているようなのでやめておきました。ろう人形博物館は、多分、頂上にある大きな大きな建物じゃないのかな、とキネちゃんは思いました。

 キネちゃんは、バスに乗って家に帰りました。

広告を非表示にする

キネ通信⑬

〜ゲッレールトの丘の巻① 〜

 

 キネちゃんは、ある日、ドナウ川沿いを散歩していました。すると、王宮のもっと向こうの方に、高い丘があるのに気が付きました。↓(右側の高い丘です)

f:id:kinetsushin:20170718004300j:plain

 その頂上には、大きな葉っぱのような物を掲げている女性像がありました。↓

f:id:kinetsushin:20170718004332j:plain

 キネちゃんは、気になって、その丘に行くことにしました。

 その丘の名前は、「ゲッレールトの丘」というそうです。そして、ガイドブックを見ると、ゲッレールトの丘は、ハンガリーの歴史を見守ってきた、ということが分かりました。キネちゃんは、ゲッレールトの丘を登り始めました。ゲッレールトの丘の岩肌には、ルダシュ温泉という、オスマン帝国の時代の時に出来た温泉があります。

 キネちゃんは、そこを気にしながらも、丘を登って行きました。

 丘は、思ったよりも、坂が急でした。キネちゃんは汗だくになりながらも、やっと丘の頂上に辿り着きました。そこには、何があったと思いますか?

 そこには、巨大なしゅろの葉を掲げた女性像がありました。 

f:id:kinetsushin:20170718004424j:plain

 女性も葉も大きく、高い台座の上にのっていましたから、キネちゃんはずっと見ていると、首が痛くなりました。

 そして、その女性像がのっている台座があり、その台座の右と左の両端に竜を今にも叩きそうな姿勢をしている、男性の像がありました。↓(これは右側の方です)

f:id:kinetsushin:20170718004827j:plain

 竜は、ハンガリーでは悪い象徴なのかな、とキネちゃんは思いました。

#次は、絶景写真とその解説もします!お楽しみに<^^>

広告を非表示にする

キネ通信⑫

〜センテンドレの巻〜

 キネちゃんは、次に「セルビア正教会」へ行きました。セルビア正教会は、中央広場から少し離れている所にあります。周りは、木に囲まれていて、気持ちが良いです。

 キネちゃんは、セルビア正教会の門をくぐり、受付の所まで行きました。受付の人に700FT(フォリント)払い、戸を開いてもらいました。すると、そこには、美しいイコンが沢山飾ってありました。そして、床に草のような物がたくさん落ちていました。最初はゴミなのかな、とキネちゃんは思ったのですが、それは、ペンテコステキリスト教の祝祭日になっている日)を祝い、礼拝する準備をしていた、ということでした。キネちゃんは家に帰ってから、ペンテコステについて、もっとちゃんと調べてみよう、と思いました。

 次は、正教会の博物館に行きました。黄金の物や、イコン、聖書のように分厚い本が展示されていました。キネちゃんは、それらの物をじっくり眺めて、セルビア正教会を出ました。

 中央広場まで来て、ドナウ川を眺めに行きました。センテンドレは、ブダペストよりも上流にあり、ブダペストよりも綺麗な色をして、光っていました。ドナウ川はどこまでもどこまでも、黒海に注ぐまで流れていることを思い出したキネちゃんは感動しました。

f:id:kinetsushin:20170708230448j:plain

(後ろの方にかすかに見えるのが、ドナウ川です。) 

 その後は、買い物に行ったりして、キネちゃんは家に帰りました。

<おまけ写真!!!>

これは、センテンドレの象徴になっている、ブラゴヴェシュテンスカ教会です!

f:id:kinetsushin:20170708230918j:plain

↑これは、目の前で撮りました。

f:id:kinetsushin:20170708231142j:plain

↑これは、少し遠くからです。高い所で撮影しました。

広告を非表示にする

キネ通信⑪

〜センテンドレの巻〜

 

 キネちゃんは、ドナウ川を中心とした観光の場所である、「ドナウベンド」に目を付けました。その中で、ブダペストから気軽に行ける、「センテンドレ」に行くことにしました。

 まず、センテンドレは郊外なので、ヘーヴという列車に乗って行かなければなりません。しかも、お金がかかります。でも、ブダペストから郊外へ移ってゆく様をみることができます。

 ヘーヴは緑色の古い列車です。61番のトラム(またはバス)で、ケレメンラースローウッツァ(Kelemen László utca)で降り、そこで29番のバスに乗ります。その終点からヘーヴに乗ることができます。他に色々な乗り方で行けるので、また調べてみて下さい。

 キネちゃんは、ヘーヴに乗り込み、終点のセンテンドレへ行きました。

 着いてみると、ブダペストとは全く異なる雰囲気(空気)が味わえました。小さな可愛らしい街並みが続き、キネちゃんは中央広場まで楽しく散策しました。

 中央広場という少し大きめの広場(ブダペストに比べると小さいのですが)がありました。

f:id:kinetsushin:20170707035400j:plain

(少し分かりにくいかもしれません。この日は、マラソン大会が行われていました。)

 そこはとてもにぎやかで、センテンドレ独特の雰囲気が漂っていました。ある店では、生演奏があり、太っちょのおじさんたちがお客さんを楽しませていました。

f:id:kinetsushin:20170707035047j:plain

 キネちゃんは、観光目当てで来たので、ガイドブックに載っている所に行こうとしましたが、その時、お腹が「キュルル−」と鳴りました。お腹が空いたのです。

 そこでキネちゃんは、「mjam」という店に行きました。ここはとても美味しいと聞いたのです。

 店に入ってみるとブダペストには絶対にないような空間が開けていました。柔らかい光が降り注ぐ中庭が付いていて、皆が楽しそうにおしゃべりをしていました。店員さん達も笑顔で対応してくれて、食事はとても美味しかったです。

 キネちゃんが外に出ると、もう太陽はだいぶ動いていました。急いで観光名所に行かないと、日が暮れてしまいます。そこでガイドブックをパラパラめくっていると、中央広場の近くにある、「ワイン博物館」というのが目にとまりました。なんと、驚いたことに、ワイン博物館は地下にあって、地上は店になっているのです。

 ウエーターに声をかけて、ワイン博物館に行きました。地下なので、階段を下って行くのですが、階段を1段1段下って行くうちに、どんどん寒くなってきました。

 下につくと、ワインが沢山展示してありました。ワインは産地ごとに並んで樽の中に入っていました。どれも、ずいぶん昔のワインで、ガラスは少し白くなっていました。しかし、地下で、結構寒いので、ワインが腐らずに保たれているのだとキネちゃんは思いました。

 ハンガリーはトカイという所の貴腐ワインが有名です。貴腐ワインは偶然出来た物で、きっかけは、ブドウを摘もうと思ったら、腐っていたので諦めかけたのですが、そのブドウでワインが出来るのだろうか、と思い、作ってみたら、美味しいワインが出来たそうです。偶然作られた物が今、世界中で飲まれているのは、本当に奇跡です。

 この博物館は、ワインが好きな人にオススメです。ウエーターに声をかければ、その場で好きなワインを飲む事が出来ます。

 キネちゃんはワイン博物館を見てから、次の場所に向かいました。

 

#次は、どのような所へ行くのでしょうか?お楽しみに(^^)

広告を非表示にする